生理痛

厚生労働省の研究班の調査によると、20~40歳代の4人に1人に生理痛があり、そのために仕事や家事を休んでいるそうです。そして、この損失額はなんと半年で1890億円にものぼるとか…。

女性が痛みから解放され、元気でいることが現在の日本経済にとっても重要と言えるのではないでしょうか!
今回は、このつらい症状“生理痛”について、お話ししましょう。

生理痛の原因は…

大きく、機能的な異常がある場合と器質的な異常(子宮筋腫、子宮内膜症など)がある場合の2つに分類されます。

image006機能的な異常がある場合

  • 初潮から20歳前後の若年者に多いといわれ、思春期の生理痛のほとんどがこちらのケースと考えられています。
  • 強い精神的ストレス、ダイエットなどによる急激な体重減少、極端な食物摂取異常(神経性食思不振症、過食症)などによって脳内にある視床下部や下垂体といった部位に異常を来たし、内分泌(ホルモン)失調、自律神経失調を起こすことによります。また子宮発育不全、子宮血管攣縮などが複雑に絡んで起こることもあるようです。

器質的な異常がある場合

  • 子宮筋腫、子宮内膜症などの疾患が原因となります。最近では子宮内膜症によるものが増加しているといわれています。
  • 下腹痛、下腹部膨満感、腰痛以外にも、重症になると精神症状、自律神経失調症状、消化器症状などを伴い、下腹痛、腰痛、頭痛、焦燥感、不安感、胃痛、悪心、嘔吐、下痢、便秘なども起こってきます。

生理痛の実態は…

image002国民生活基礎調査(厚生労働省)によると、月経痛・月経不順を訴える割合が毎年増加しています。
さらに、2001年厚生労働省の研究班の調べによると20~40歳代の女性の4人に1人が生理痛のために仕事や家事を休んでいるという結果が出ています。
またこの研究班の調査結果ではその損失額たるや1890億円にのぼり、医療費を含む社会的な損失額はさらに膨らむとか…。

生理痛も今や、国民病と言っても良い程の状況になっています。

現代医学での対策は

機能的な異常がある場合

  • 治療方法は原因が明確でないことより、対症療法(鎮痛薬、鎮痙薬)を行います。また、心理的、精神的な面が加われば、生活指導、心理療法を行うこともあるようです。

【参考】鎮痛薬の注意点
鎮痛剤は痛みを抑え、辛い症状を取り除くにはとても良いお薬です。
しかし、生理痛に対する鎮痛剤はあくまでも対症療法にすぎず、根本的な改善にはつながりません。
また、自分勝手な判断で鎮痛剤を安易に常用したりすると、胃腸障害や血液障害などの副作用が起きやすくなります。

器質的な異常(子宮筋腫、子宮内膜症など)がある場合

  • 治療方法は、まずその原因疾患の治療(手術やホルモン剤などの薬物療法)を行います。また、鎮痛薬、鎮痙薬投与などの対症療法も併せて行います。中でもホルモン剤による治療は効果的な反面、身体に負担をかけることも多く、別の辛い症状を引き起こしてしまうことも少なくありません。

image003

生理痛に対する現代医学での治療は良い面がある反面、悪い面もあります。
そこで、人間が本来もっている自然治癒力を引き出す漢方の考えを活かして、生理痛を楽にする方法を考えてみませんか?

漢方では

漢方では生理痛の原因を、血(血行・ホルモン)の乱れを中心に、気(神経の働き)、水(水分代謝)の乱れも絡んで発症すると考えています。
そして、このバランスの乱れ[「血」・「気」・「水」の乱れ(身体のひずみ)]を整えて、生理痛の状態を改善しようとします。

つまり、漢方では“身体のひずみ”を改善し、“根本療法”を行うことが大きな特徴になります。

ところが
一般の漢方薬には色々な種類のものがあり、病人の体質・病状を踏まえて選び出さなければならず、大変難しいものです。また、一般の漢方薬は現代女性のことを考えて作られているわけではありませんので、現代人の身体に合う漢方薬が少ないのが実情です。

image004

エッキ錠そこで
現代女性の体質などを考慮して、生理痛をはじめ、生理不順、貧血、冷え症などといった血行・ホルモンの乱れを改善するために大切な生薬「トウキ」「シャクヤク」「センキュウ」「ジオウ」を漢方の考えに基づいて配合すれば、生理痛に悩む現代女性向けの薬方が出来上がります。
エッキ錠そのお薬が…エッキ錠です。