膀胱炎

image001

これらは「膀胱炎」の時によく起こる症状です。
膀胱炎は過労や冷えなどで身体の抵抗力が低下すると起こりやすくなりますので、これからの寒い季節は特に注意が必要です。
そこで今回は、この膀胱炎についてお話ししましょう。

膀胱炎とは?

image002膀胱炎とは、膀胱内の粘膜に炎症が起こる病気です。
ほとんどの場合、膀胱炎は尿道から膀胱に大腸菌などの細菌が入って感染・増殖することによって起こります。

ただし、膀胱には色々な感染防御機構があるため、細菌が膀胱に侵入しただけでは膀胱炎は起こりません。
疲労が重なったり、身体が冷えたりして、身体の抵抗力が衰えている時に膀胱に細菌が侵入すると、感染・増殖を防ぐことができずに膀胱炎を起こしてしまいます。

膀胱炎は女性に多い!

image003膀胱炎は「女性の5人に1人が生涯に1度は経験する」と言われる病気であり、病人の男女比を見てみますと圧倒的に女性が多いという特徴があります。これには男性と女性の身体構造の違いが深く関係しています。

女性の尿道の長さは約5cmと男性の1/4程度しかないため、尿道についた細菌が容易に膀胱に侵入し、膀胱炎になりやすいのです。
さらに、尿道口が膣や肛門のすぐ近くにあるため、排便時などに細菌が尿道に入りやすいという面もあります。

image004

image005また、厚生労働省が行っている国民生活基礎調査によりますと、男性に比べて女性には「冷え」に関する訴えが多く、その数は男性の2.5倍にもなります。血行不良などで身体が冷えると細菌に対する抵抗力が衰えるため、身体の冷えも女性に膀胱炎が多い原因の1つと考えられます。

膀胱炎の症状

膀胱炎の特徴的な症状として「排尿痛」「頻尿」「尿の濁り」があり、これらは3大症状と言われています。

膀胱炎排尿痛

膀胱が収縮する時に炎症を起こした粘膜が刺激されるため、排尿時にさしこむような痛みが生じます。排尿の最後は特に痛みが強くなります。

頻尿

膀胱内の粘膜が炎症によって過敏になっているため、尿が少し溜まっただけでも尿意を感じてしまいます。30分~1時間毎にトイレに行きたくなることもあります。

尿の濁り

細菌と闘うために集まってきた白血球が尿中に排出されたり、炎症部の分泌物やはがれた膀胱の粘膜などが尿中に混入するため、尿が白っぽく濁ります。

この他に、症状が進行するにつれて、「残尿感」「不快感」「血尿」などが現れてきます。

現代医学での治療は?

image007膀胱炎の原因となる細菌を抑えるために、抗菌剤を用いた治療が行われます。多くの場合、抗菌剤を1週間くらい服用すると、細菌は死滅します。

しかし、症状が良くなっても、疲労や冷えなどで身体の抵抗力が落ちていると、すぐに再発してしまう人も少なくありません。そのため、疲労や冷えなどが改善するように、この後紹介する日常の養生法なども含めた対策が必要となってきます。

ホノミ漢方の膀胱炎対策

ホノマリア錠
ホノマリア顆粒(分包)
ホノミ漢方では、膀胱炎などによる排尿痛や排尿困難などのつらい症状にお使いいただけるお薬として

ホノマリア錠」「ホノマリア顆粒(分包)があります。

このホノマリア錠・ホノマリア顆粒(分包)は、
排尿痛や排尿困難などを改善する猪苓湯合四物湯という処方の漢方薬です。image008

*猪苓湯合四物湯は、
排尿痛や残尿感のある方が使用する「猪苓湯」
血行不良で色つやが悪いような方が使用する「四物湯」という
漢方処方を合わせたものです。

また、日頃の生活習慣の中で、次のようなことに気をつけましょう。

膀胱炎の養生法

トイレを我慢しない

排尿を我慢して尿が膀胱内に溜まる時間が長くなると、細菌が繁殖しやすくなります。尿意を感じたらなるべく速やかに排尿するようにしましょう。

排便後、前から後ろに拭く

女性の場合、肛門と尿道口が近いので、排便後のふき方に注意が必要です。肛門についた細菌が尿道に入るのを防ぐため、前から後ろへ拭くようにしましょう。

便秘を予防する

便秘になると骨盤内で充血が起き、細菌が繁殖しやすくなります。普段から食物繊維をたくさんとるなど、便秘を防ぐことが大切です。

下腹部を温める

下腹部が冷えると、尿意が強くなるなど膀胱炎の症状を悪化させることがあります。ひざ掛けやカイロを使って、下腹部を冷やさないようにしましょう。

過労に注意する

体力が低下すると細菌感染を起こしやすくなるので、栄養・睡眠を充分にとり、体調管理に努めることも大切です。