薬学研究所/研究職

德田 勝哉Katsuya Tokuda

2017年4月 入社

京都薬科大学 薬学部 卒業

この会社に決めた理由は何ですか?

 医薬品の研究開発がしたいという思いから製薬企業を探していたところ、 剤盛堂薬品株式会社(当社)に出会いました。当社では、ホノミ漢方という オリジナル製品を手掛け、研究所ではこれらの製品の基礎研究、応用開発、 製剤改良を行っています。基礎研究から製品化まで一貫した研究開発を行って おり、それらを自分が担当することが出来ます。医薬品の開発研究者として まずはこの会社で1つ1つ学んでいき、自分で何か面白い製品を生み出せる 力をつけていきたいという思いから、入社することを決めました。

入社前と入社後で印象の違いはありますか?

 基礎研究から応用開発、製剤化までそれらすべての業務をこなそうとするには一朝一夕では習得できないと痛感しました。そこには基礎知識から、応用力、効率良くするための計画などなど多くのパフォーマンスが要求されます。大学で学んだ知識だけではなく、更にそれを応用し、活かせるような勉強がもっと必要だと感じました。今は大変ですが、一つ一つのことを焦らず、確実に学んでいければ、きっと将来の為になると確信しています。

上司・先輩はどのような人ですか?

  力あふれる先輩方で、一言でいうと数々の難題を乗り切ってきた歴戦の戦士みたいな雰囲気です。部下の問いかけや疑問に対してはしっかり受け答えし、部下のやる気があれば色々なことを教えてくれます。非常に頼りになる先輩方です。困ったことがあれば自分で考え込まず、直ぐに先輩方のところに行けば、なにかしらのアイデアを出してくれます。

入社してからの失敗はありますか?

 しっかりと理解しないまま仕事を進め、それが後々失敗に繋がりました。特に研究所では実験を行うので、厳しい要求をされることがあります。実験の1つ1つの操作にしても、確実に行わなければ、正しい結果が得られません。また難解の用語も使われますので、それらを理解してないうちは大変です。これらは経験不足という面も否めませんが、やはり最初のうちはしっかりと声に出して聞き、一人で悩まないことが大切だと感じました。

入社してから一番嬉しかったことは何ですか?

 最初は何もできなかった自分が、ふと気が付けば1つの仕事ができるようになっていることがあり、そのような時に自分の成長を感じることができます。自分の無力さから落ち込んでいる時期もありましたが、仕事を続けていれば何か得られるものがあるのだと実感しました。つらい時期はありますが、それを乗り越えられたときにこそ、1段と成長できるのではないかと思います。今、全然出来ないことでも「いつかできるようになる。」と信じて、日々の仕事を頑張っています。