薬学研究所/研究職

匿 名

2019年4月 入社

長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 卒業

この会社に決めた理由は何ですか?

 薬の研究がしたいと思い、製薬企業を中心に就職活動していました。中でも人の健康を根本から支える漢方薬に興味を持ちました。弊社の説明会に参加した際に、現代人に合った独自の漢方・生薬製剤の研究開発をしていることや、売り上げを求めすぎず、常に相手の立場で物事を考える姿勢に、他にはない魅力を感じました。本当に良い物を作り、自信を持って人に勧められる点、その製品を通して人の健康に貢献している点に、こつこつと地道に積み上げてきたものを感じ、自分に合っていると思いました。

 

入社前と入社後で印象の違いはありますか?

 入社前は「あまり手広く商売をせず、閉ざされた市場で製品を出している、固い会社」という印象があり、今後もこのスタンスなのだろうと思っていました。ですが、入社後に社長から今後の事業展開についてのお話を聞く機会があり、現状を常により良い方向へ変えていく姿勢を感じました。今では「決まったやり方に拘らず、柔軟に思考することを大切にする会社」だと感じます。

 

上司・先輩はどのような人ですか?

 医薬品の研究という仕事上、業務は常にきっちり決められたようにこなす必要があります。その中でわからないことや相談しなければならないことも多く、作業をより良くするために助言を頂くこともあります。日々のそうした関わりの中で、厳しくも自分の成長を促してくれる指導を頂ける、信頼のおける上司・先輩方です。

 

入社してからの失敗はありますか?

 時間配分のミスで就業時間内に仕事を終わらせられなかったり、機器の操作を誤ったりと、多くの失敗をしています。かなり迷惑を掛けてしまっているという認識はあるのですが、上司や先輩方の言うように、失敗がまだ許されるうちに、そこから多くの事を学ぶことも大切だと考えています。

 

入社してから一番嬉しかったことは何ですか?

 入社二年目の春に、先輩から引き継ぐ形で新製品開発のテーマを担当させて頂くことになり、製剤の規格設定及び安定性の評価に携わりました。慣れない業務で上手く進められないことも多かったですが、今扱っている試料がこれから製品化されるものだと思うと非常にやりがいを感じました。又、定量や確認試験方法の設定など初めての仕事も多く、それらを一つずつ身に付けていく過程も自分の成長に繋がっているように感じ、任されたことを嬉しく思いました。更に様々な仕事に携われるよう、業務を通して見えてきた自分の課題と向き合い、改善に向けて努力を続けていきます。