製造部 品質管理課/試験職

柴田 彩葉Iroha Shibata

2014年4月 入社

大阪薬科大学 薬学部 卒業

この会社に決めた理由は何ですか?

 初めて剤盛堂薬品(株)に出会ったのは、大学で行われた企業説明会でした。もともと漢方に興味はあったのですが、この会社のもつ独自の選薬システムに大変興味を持ちました。その後、説明会に参加させていただき、会社自体の雰囲気がとても良かったこと、また、古来からの漢方薬の使い方を大事にしながらも西洋薬の良さを取り入れたホノミ漢方に他社にはない魅力を感じ、入社を決意しました。

入社前と入社後で印象の違いはありますか?

 入社前後で、大きな違いはありません。他部署や本社の方々との交流の機会も多くあり、説明会で感じた通り、とても雰囲気の良い会社だと感じています。また、上司や先輩方も、分からないことがあれば親切丁寧に教えてくださり、本当にこの会社に入社して良かったと思っています。

上司・先輩はどのような人ですか?

 もちろん厳しい面もありますが、本当に親切で優しい方ばかりです。分からないことがあれば、分かるまで丁寧に教えてくださり、また、相談したことに対して、一緒になって考えてくれます。さらに、相談や質問したことだけでなく、そこに至るまでの考え方も教えてくださるので、大変勉強になります。

入社してからの失敗はありますか?

 上司からの指示を受け取った際に、確認を怠り上司の意図とは違う方向に進めてしまったり、他にも失敗したことは多くあります。そういった時に、指示の内容を復唱して分からないことはきちんと確認する等、何故失敗したのか、失敗に至った原因を追究し、同じ失敗をしないためにはどうすればいいのかを考え、同じ失敗を繰り返さないようしっかりと見つめ直して、次に繋げていけるよう心掛けています。

入社してから一番嬉しかったことは何ですか?

 品質管理課では、薬局・薬店の方から製品の品質に対する問い合わせがあった際、品質に問題がないか、品質調査も行っています。 その品質調査を初めて任された時、不安に感じながらも嬉しく思ったことを覚えています。 どういった試験をどのように行えば、相手が求める情報が効率的に得られるかを考えたりしつつ、最後に報告書を書き上げた時には、大きな達成感が得られました。 さらに、その後、その試験の結果を問い合わせ先に報告し、お礼を言われた際には、嬉しく思うと同時に非常にやりがいを感じました。